【かおり先生の自宅エクササイズ】~お手軽ながらエクササイズ~

views:9

エクササイズにわざわざ時間をとるのって億劫ですよね。
今回はすきま時間でできる簡単ながら運動をご紹介します。
お手軽ながら運動ばかりなので、ぜひ挑戦してみてください。

■WORKOUT 1

全身スッキリエクササイズ
左右それぞれ5回

体を大きく動かすことで全身をスッキリさせるのがこちらです。
足のむくみやお腹まわりのたるみ肉もスッキリ解消、
少し息が上がってしまう運動ですが、その分、効果は抜群です。

▶STEP1

両足を大きく開いて、両手は真っ直ぐ上に上げる。
体全体を斜め左に向けて、大きく伸びる姿勢をとります。

▶STEP2

右足を持ち上げてください。 
上げた両手と右膝をつける姿勢をとります。

▶STEP3

上げた足を戻して、大きく弓を引くポーズに 。
引いた右手が下がりすぎないことを意識してください。

NG Point
腕をしっかり伸ばさない、引いた肘を下げるのはNG。
体を大きく動かすことが大切なので、
元気いっぱいに挑戦してみてください。

▶STEP4

両腕を左斜め上に真っ直ぐ伸ばしていきます。 
この時、右側の体側がしっかり伸びるよう、大きい動きを意識してください。

▶STEP5

腕を伸ばした姿勢のまま、体の向きを真っ直ぐ正面にしていきます。

▶STEP6

そのまま手を交差させながら、膝を曲げて、腰を落とします。
股関節をしっかり広げることを意識しながら①〜⑥を繰り返していきます。

Point
とにかく全身を大きく使って、リズミカルにやることが大切です。 
少し広めの場所で、元気いっぱいに取り組んでもらえると嬉しいです。

■WORKOUT 2

お腹と腕を鍛える
エクササイズ
左右5回ずつ

ちょっとの時間で効果のある運動をしたい、という方におすすめなのがこちら。
その場でサクッとできちゃいます。
ただ、少し大変なので、ケガに注意して行ってください。

▶STEP1

右手と足で体を支えつつ、体を正面にむけた姿勢をキープします。

▶STEP2

①の姿勢から両膝を開いて、体全体を足元のほうへ移動させます。
①~②をゆっくり、無理せず繰り返していきます。

NG Point
上半身が俯きがちになってしまうのはNG。
しっかり正面を向くことでバランスの良い負荷を
与えていきましょう。

Point
下っ腹に力を入れて、体を安定させてください。
床についた手と足で体を支えることで、
体幹への負荷もしっかり得られるはずです。
時間を取らずに、効果は抜群!
オススメのエクササイズです。

■WORKOUT 3

お尻スッキリエクササイズ
5セット

寝ながら簡単に痩せたい!
なんて方にはこちらがオススメです。
寝たままお尻を鍛えられるので、
キュッとしたヒップラインを手に入れられますよ。

▶STEP1

仰向けに寝転んだ状態で、両膝を立てます。
この時、手のひらは床につけ、
足は肩幅くらいに開いてください。

▶STEP2

①の姿勢から両腕を真っ直ぐ上に上げていきます。

▶STEP3

②で上げた腕を引きながら、
引いた肘を視点にして腰を上に持ち上げていきます。
この姿勢を5秒キープ、
①~③をゆっくり繰り返します。

NG Point
腰をしっかり上げきらないのはNG。

Point
大切なのは腰をしっかり持ち上げること。
肘と足裏でしっかり床を押す(支える)。
胸・お腹・お尻まで全体で
腰を持ち上げてください。
そうすることで体の裏側全体に
負荷を感じることができますよ。

次回のかおり先生の3分間自宅エクササイズは
時短エクササイズ特集を掲載!
お楽しみに♪ 

かおり先生
プロフィール
森本かおり
和歌山県在住、
6 歳・2 歳の2児の母。

1 人目の産後、慣れない子育てと
ストレスで産後鬱に。
苦しさを食べることで埋めて
70キロまで太ってしまう。
その後、体と心を整える為に
正しいダイエット法に取り組む。

バランスの良い食事はもちろん、
女性らしい柔らかく&引き締まった体を
作る為に宅トレを取り入れたことで、
ボディラインが激変した。
そして食事と運動の 2つが整ったことで
産後鬱も回復。

産後のダイエット開始から 1 年半年で 23 キロの
減量に成功。自身の経験から、
ダイエットコーチとして活動する。

ママになっても、私「らしく」生きる女性を
増やしたい!そんな思いから、
自立したいママを支援する
ゼロイチビジネスコンサルとしても活動。
モヤモヤをワクワクに変えて
自分の人生を創りたい起業初心者さんをサポートしている。

\ママになっても綺麗を諦めない/

かおり先生のインスタグラム公式アカウントもcheck!

ID: kaori_morimoto_

※実践の際には必ずご自身の体調や体質に十分に考慮し、正しい方法で行ってください。ワークアウト・ヨガ・ストレッチの効果はすべての方への有効性を保証するものではありません。

タイトルとURLをコピーしました