【田中理恵’s Simple Workout】あご周りのたるみもスッキリ!?

views:250

1日10秒のほぐし習慣でキレイなカラダを目指す!
首周りを伸ばすストレッチと、肩甲骨をほぐすトレーニング2つを紹介します。

■ POSE 1 : 肩甲骨ストレッチ

カチカチに固まった背中や肩のままではせっかくのトレーニング効果も半減しがち。
筋肉に負荷をかけるよりも動かしていくことを意識していきましょう。

1リラックスした状態で両手を肩に乗せる。

前から後ろ回しが終わったら。次は後ろから前へ同様にゆっくり回す。
目標は✕10回。

肘で大きく円を描くように前から後ろにゆっくり回す。目標は✕10回。

 POINT 

ゆっくり呼吸をしながら大きく肘を回すこと意識してください。
手を置く位置は耳より少し後ろを意識。
ここに置くことで胸が開き、後ろ側の筋肉もしっかりとほぐれていきます。
肘が上まで上がらない時は、無理せずできる範囲で大きく回していきましょう。

■ POSE 2 : 首ストレッチ

まずは首から上半身をじっくりほぐして血行不良の解消。
前後の筋肉が伸びることで姿勢が良くなり、腰痛防止や立ち姿もキレイになっていきます。
あご下や首前の筋肉をほぐすこともできるので、首やあご周りのたるみもスッキリ。
首こり、肩こりも解消だけでなく自律神経の乱れや不眠の解消にもつながります。

1リラックスした状態で正面を見ます。この時、あごは気持ち引いた状態で。

2頭を優しく持ってゆっくり横に倒していく。痛気持ち良いと感じるところで止めて10秒キープ。

3手を変えて、頭を優しく持ったまま反対側へゆっくり倒していく。こちらも痛キモチ良いと感じるところで止めて10秒キープ。

4次は頭の後ろに手を持ってきて、ぐーっと優しく前に押していく。気持ちいいな、と感じる
ところで10秒キープ。

5両指をあごの下に持ってきて、グーと上に上げて10秒キープ。
縮んだ前側の筋肉をゆっくり伸ばす。

 NG POINT 

①立つ際は足を閉じない。肩幅くらい広げてしっかり体のバランスをとるのが効果的!
②呼吸を止めない。

田中理恵さん

1987年6月11日、和歌山県生まれ。

【2020年】東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事
【2010年】
世界体操競技選手権大会では、ロンジン・エレガンス賞を日本女子で初めて受賞。
【2012年】全日本選手権大会女子個人総合において初優勝。同年NHK杯体操女子個人総合においても優勝し、ロンドンオリンピック出場を決める。兄の和仁、
弟の佑典も五輪出場を決め、3兄弟揃っての五輪出場は日本体操史上初の
快挙を果たす。ロンドンオリンピックでは団体の
2大会連続決勝進出(8位入賞)に貢献したほか、個人総合で16位。
【2013年】現役を引退し、テレビやイベントなどに出演。

※実践の際には必ずご自身の体調や体質に十分に考慮し、正しい方法で行ってください。ワークアウト・ヨガ・ストレッチの効果はすべての方への有効性を保証するものではありません。

タイトルとURLをコピーしました