比較文化 【和流・韓流・華流】メイクを徹底比較

views:69

日本、韓国、中国はお互いに隣国であり、文化、風俗・習慣などにおいて共通している部分がありますが、メイクやファッションなどにおいては国ごとに、大きな違いがあります!
日本では、チャイボーグメイク(中国メイク)やオルチャンメイク(韓国メイク)がブーム中!でも、そもそも日本のメイクって?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は中国出身のスタッフが日韓中3大メイクを徹底的に解剖してみました!

名前:Vicky
年齢:アラサー
身長/体重:162cm/50~56kg
専攻:ファッションデザイン
前職:某大手アパレルメーカーデザイナー

日本:カワイイメイク

ナチュラルをベースに、可愛さを引き出すやや甘めのメイク。
甘めのガーリーさをほどよくプラスすることで、若く見える効果が!
また、親しみやすい自然なナチュラル感がポイントです。

 BASE  
ベース: すっぴん肌のような仕上がり。ほんのりツヤがあるセミマット肌がトレンド。

 EYEBROW 
眉毛:ふんわり感のあるウブ眉毛。

 EYE  
アイアイシャドウ :ふんわり感のあるウブ眉毛。

アイライン :強調せずぼかしながら引く。

 CHEEK  
 チーク :内側から発色するような血色感のチークを頬の真ん中にふんわり丸く入れる。

 LIP 
リップ :ぷるんとツヤが出る血色リップ。
丸く入れる。

韓国:オルチャンメイク

大人のセクシーな雰囲気に、セクシー&キリッとしたクールな印象に!
韓国は昔、日本風メイクに大きい影響を受けましたが、
その後はちょっとずつ変わり、韓国風に変貌しました。
今の韓国メイクと言えば、水光肌、平行眉、グラデリップ!

 BASE  
ベース: すっぴんより明るいトーンで美白に!みずみずしくツヤがたっぷりな水光肌。

 EYEBROW 
眉毛:少し濃いトーンで眉頭から眉尻まで真っすぐな平行眉が特徴!

 EYE  
アイアイシャドウ :キラキラグリッター入りアプリコットカラー

アイライン :ややたれ目に見えるように引く。

 CHEEK  
 チーク :外側から頬骨に沿っていれる。肌に馴染みやすい淡いピンクカラーが人気。

 LIP 
リップ :輪郭をぼかし、同色系の濃淡カラーでグラデーションに!また、派手な色が◎

中国:チャイボーグメイク

      流行りの抜け無しのメイクで大人しく華やな雰囲気に演出!
基本は、白・黒・赤の色で顔のパーツを大きく見せることでメリハリのある顔立ちに。

 

 BASE  
ベース: メリハリを出すために、白いマット肌に陰影をつけるのが特徴!

 EYEBROW 
眉毛:はっきりとしたダークカラーでカーブをつけるアーチ眉毛が主流!

 EYE  
アイアイシャドウ :アースカラーのイシャドウでキレイなグラデーションに仕上げる。

アイライン :漆黒で、やや太めで跳ね上げたキャッツアイがポイント。

 CHEEK  
 チーク :目元と口元を強調するために、チーク無しで陰影のみ!

 LIP 
リップ :輪郭をキレイにかいてぷっくりと描く。赤のマットリップが流行中!

タイトルとURLをコピーしました