【比較文化のコーナー】海外セレブも取り入れている美容方法編

views:11

こんにちは!セパルフェセレクトスタッフの May です。
最近海外セレブの美容法を調べていたのですが
エステやワークアウトと合わせて、
食にこだわるセレブが多いようです。
今回は海外セレブも取り入れている美肌 & 美容効果の高い食材を紹介します♪

Profile
名前:May
趣味:旅行・グルメ巡り
資格:コスメコンシェルジュ
特技:メイクアップ・ネイルアート
一言:社内1の健康オタクです(笑)

Instagram: @mexxi23

ケール

海外セレブを始め、健康や美に敏感な人たちが大注目しているのがケールです。
ケールはアブラナ科のお野菜で、キャベツと同じ仲間。地中海沿岸が原産地です。ビタミンやミラルなどの栄養価が高く、健康作り、美肌作りに大きな効果があると話題になっています。

☆ケールの見分け方
葉が縮れている方が苦味が強めなので、
しっかりと開いたものを選ぶと良いでしょう。
ただ、苦味の成分は抗酸化作用に優れているので、健康増進を考慮して、あえて葉が縮れている苦味の強いケールを選ぶのもおすすめです。

☆ケールの美味しい食べ方
ケールの苦味をとるためには、下茹でするのが一番です。沸騰させたお湯に、塩少々を加えて 1 分程度茹でると良いでしょう。
ただ、ケールに含まれる水溶性ビタミンなどの栄養素がお湯の中に解け出てしまうので、茹で過ぎないように注意しましょう。

芽キャベツ

「ビタミン C 爆弾」と呼ばれるほど
ビタミン C が豊富で、小さな実の中に
たくさんの栄養がギュッと凝縮されています。
芽キャベツは晩秋から冬にかけてが旬で、
この時期が特に甘みが増します。

芽キャベツの可食部 100g あたりの栄養素をキャベツと比べると、ビタミン C は約 4 倍!
食物繊維は約 3 倍!ビタミン B2 は約 7 倍!
β- カロテンは約 14 倍も含まれています。

ビタミン C はコラーゲンの生成を助ける
働きをするので、美肌効果があります。

☆芽キャベツの美味しい食べ方
芽キャベツは巻きがしっかりと固くアクも
強いので、基本的には生では食べません。
料理によっては下茹でしてアクを抜いてから調理したほうが良いでしょう。

赤ビーツ

赤ビーツはダイエット効果だけでなく、
美容にも効果があり「奇跡の野菜」とも言われています。

・ポリフェノール
・リン
・マグネシウム
・ナトリウム
・カリウム
・鉄
・カルシウム
・一酸化窒要素(NO)
これらなどの多くの栄養素が含まれ、
「飲む輸血」と言われるほどです。

また、赤ビーツの真っ赤な色はベタシアニンと
いうポリフェノールの一種による成分の影響です。これによってアンチエイジング効果が期待されます♪

☆赤ビーツの美味しい食べ方
やや土臭さを感じるので加熱料理がオススメです。ホクホクなので茹でたり煮たりして食べるのがおすすめ!外皮に栄養が詰まっているので、皮はむかずにそのまま調理してください。

セレブ御用達の美容成分を紹介!

 話題の美容成分 1:プロテオグリカン 

もともと体の中にある成分のひとつで、
皮膚や軟骨の中に存在しているものです。
皮膚においては、コラーゲンやヒアルロン酸などの間を埋めています。肌の潤いやハリを保つために大切な成分です。プロテオグリカンは抽出方法が難しく、かつては 1g 3000 万円というかなり高価なものでした。

<プロテオグリカンの期待される効果>
①保湿
ヒアルロン酸は高い保湿力があることでよく知られていますが、プロテオグリカンはヒアルロン酸の保水力の1.3 倍もの力を持っているといわれています。ヒアルロン酸よりも分子量が小さいため、浸透率が高く、時間が経過しても乾燥しにくいメリットがあります。

②コラーゲンとヒアルロン酸を増やす
コラーゲンとヒアルロン酸が減少した肌は、
シワやたるみなどの原因につながります。
プロテオグリカンは、美しい肌を目指すために重要な成分であるコラーゲンとヒアルロン酸の生成をうながす力を持っています。

 話題の美容成分2:ドラゴンブラッド 

『ドラゴンブラッド』とは、今、世界が注目しているスーパーアンチエイジング成分で、
アマゾンに自生している『クロトン・レシュレリ』という木から採れる樹液に含まれる成分です。名前の由来は幹に切り込みを入れると、出血しているように、深紅の樹液がにじみ出るところからその名前がつけられたようです。

<ドラゴンブラッドの期待される効果>
コラーゲンの生成を促進し、細胞の新陳代謝を促します。たるみを抑制する力を活かしたエイジングケアコスメとして、ドラゴンブラッドのエキスが入ったジェルやオイルが作られたり、オーラルケア製品などが開発されています。

 話題の美容成分3:日本酒 

<日本酒の期待される効果>
日本酒には細胞を活性化させる
フェルラ酸という物質が含まれているため、
アンチエイジング効果が期待されています。
☑ハリ・ツヤのアップ
☑美白効果
☑潤いをキープする
☑シワ・たるみの改善
☑ターンオーバーの正常化
☑ニキビの改善

乾燥肌の方に特におすすめ!
というのも、
日本酒はNMFに含まれているアミノ酸を含有し、高い保湿効果を期待されるからです。

日本酒風呂をしてみよう!
37 ~ 38℃のお湯にコップ 2 杯の日本酒を入れ浴槽にお湯をはり、コップ 2 杯(360ml)の日本酒を注ぎます。
日本酒にはアセドアルデヒドという血管を拡張
させる成分が含まれており、血管の収縮を妨げる成分アデノシンに保温効果が認められています。アルコールに弱い人はお湯の温度は少しぬるめの37 ~ 38℃前後にしましょう。

※お酒の為、におい等で酔っぱらってしまう可能性があります。お酒が弱い方は様子を見ながら入浴してください。
また、アルコールが含まれている為妊娠中の方は控えてください。

タイトルとURLをコピーしました